About

Story of WITH Kamakura

移築家によって岐阜県白川郷から鎌倉へと移された日本家屋は、70年にわたりこの地に静かに佇んでいました。

信じられないほど太い柱や梁。
かつての温もりが残る囲炉裏。
天にまっすぐ伸びる三角屋根。

江ノ電が通るたびに、鎌倉では耳慣れたあの音がやさしく響きます。

初めて足を踏み入れた時、なにかが始まる予感にたまらなく胸が高鳴るのを感じました。

ゆったりとした時の流れがたゆたっている。
この空間だからこそ、できることがある。

築220年という歴史の中で人が集い、暮らしの知恵を重ね合わせ、生活のベースをクリエイトしてきた合掌造の建物。この貴重な日本家屋にもう一度明かりを灯し、ジャンルを超えた個性があつまる場所をつくりたい。目の前にいる人と価値観を交わらせることで、心が動き始める。オンラインでは決して感じることができない、生身の体験を。

この考え方のもと、WITH Kamakura projectは動き出しました。

Art・food・healthなど、さまざまなジャンルから集まった個が、自分のフィルターを通してこの空間に感じるものを表現する。きっと、思いもよらない発見がうまれるはず。

それは、暖簾を潜ったところから、はじまっています。

The old Japanese traditional house was relocated from Gifu prefecture, Shirakawa-go and have been standing here for 70 years.
It’s pillars and beams are incredibly thick.
You can feel the warmth from the Irori fireplace.
A triangular roof extends straight to the sky.
Every time the Enoden- Enoshima electric railway passes, that familiar sound of the railway echoes softly in Kamakura.
When I first came here, I felt my heart pounding with anticipation, that something was about to begin.
Time drifts slowly.
There are things we can do because of this space.
Through the past 220 years, people have gathered and shared the wisdom of life. This Gassho-zukuri building enabled people to create the basic way of their lifestyle.
Turn on the lights again and create a place where diverse individuals gather.
Exchange values with the person in front of you and move your emotion.
Feel the live experience that can never be felt by online.
Based on this idea, the "WITH Kamakura project" started.
Individuals from various genres such as art, food, and health express what they feel in this space through their own way of thinking.
Create unexpected discoveries.
It starts from the moment you step into this space.